スポンサーリンク

放射性物質の危険性と放射能パニックについて

スポンサーリンク

東電と民主党政権が信頼できないから、放射性物質は非常に危険なものだと思ったが、実際それほど危険ではないようです。東電と民主党政権ではなく、過去の統計データを正確に見ていけばわかります。インターネットでも目立っていますが、お金儲けのために放射性物質の危険性を煽る科学者も多いので要注意です。
タバコやアルコールや自動車など世の中には危険なものがたくさんありすぎるので、放射性物質の危険性を検出することはできません。先天性障害を持ったこどもが生まれることも心配されていますが、そのリスクもまだ確認されていません。むしろ、今後の日本では高齢出産が増えるために先天性障害を持った子供が急速に増えると予測されます。ここでも放射性物質以外の要因が、リスクとなっています。放射性物質の危険性は、他の大きな危険の中に隠れてしまうほど小さなものです。
本当に人々を救いたいならば、放射性物質に気を取られずに他のはっきりとわかっている危険への対策をとりましょう。国民の命を犠牲にしてまで、放射性物質対策を行う必要はありません。民主党政権が国民の安全を第一に行動してくれるように、インターネットを通じてメッセージを届けたいと思います。インターネット住民にも言えることですが、突然話題になった放射性物質に囚われてパニックにならずに、危険性の本質を見ましょう。日常的に様々な情報をチェックしましょう。低線量被曝のリスクは長期的に摂取を続けた場合に、何らかの疾病のリスクが高まる可能性がある、程度のものですので、冷静な考察の後の行動が最適です。
焦って行動してストレスによって病気になってしまっては元も子もありません。強い危機感を感じているときは自分がパニックになっていないかを冷静に確認しましょう。そういう癖をつけておくことによって、放射性物質の危険性と放射能パニックについて正確に理解できるようになっていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました