ツイッターはまともな人はやらないと言われる理由を説明します。

ツイッターはまともな人はやらないと言われるのには、数多くの理由がありました。ヤフー知恵袋をきっかけに話題になったのですが、ヤフー知恵袋にも載っていない理由をたくさん紹介しています。

    ツイッターはまともな人はやらないと言われる理由

      個人情報が晒されるリスクを恐れるから

      デマの拡散を嫌うから

      ツイッター依存症が怖いから

      時間を有効活用しているから

      憎しみ合うのが嫌だから

      やばい人だとバレたくないから

      自己表現の場が他にあるから

      怪しい人が熱心すぎるから

    本当にまともな人はツイッターをやらないのか?

      基本的に見るだけ

      完全に匿名でやっている

      面白くないから人気がない

      まともな人を応援している

賢い人がSNSをやらない理由

まともな人がツイッターをやめる理由

ツイッターをやらない方がいい理由

ツイッターにはやばいやつしかいない説

ツイッターはまともな人はやらないと言われる理由

「ツイッターはまともな人はやらない」と言われる理由を簡単に言うと「ツイッターはまともな人ほどメリットが少なく、デメリットが大きいから」です。以下で具体的に細かく説明していきます。※ツイッターは2023年8月に「X」と名称変更されましたが、完全に新名称が定着するまではツイッターという表記をそのまま使います。

個人情報が晒されるリスクを恐れるから

ツイッターでは個人情報が晒されるリスクがあります。個人情報を出したつもりがなくても、ツイッターの投稿の数が増えてくると、個人特定マニアや専門家によって特定されてしまうことがあります。まともな人ほどリアルで関わっている人が多く、影響力も大きいので個人情報をさらされるリスクは大きいです。まともじゃない人は関係者もまともじゃないので、晒されてもダメージは少ないことが多いために過激な投稿をして、やばい人ばかり晒されているので「まともな人はツイッターをやらない」というイメージがつきます。

デマの拡散を嫌うから

ツイッターでは、真偽不明な情報や明らかな嘘情報が拡散されることがよくあります。多くの人が騙されて過剰な反応と拡散をしているのを見ると、嘘を嘘と見抜けるまともた人は気持ち悪さを感じます。ですから、まともな人はうんざりしてツイッターを離れてしまうことが多いです。身近なまともな人が「デマのバズり具合がひどくて見てられないからツイッターはやめたよ」と報告するのを聞いた人は、「まともな人はツイッターなんてやらない」と思い込んでしまうのです。

ツイッター依存症が怖いから

ツイッター依存症で苦しんでいる人の話を聞くと、まともな人は「あまりやらないほうがいいな」と思うので、ツイッターをする時間を減らします。そのため、まともな人はツイッターでは存在感がありません。日常生活で「ツイッターでバズってた○○の投稿見た?」と言っても「ツイッターはやってないんだよね」と答えるので、それを聞いた人は「まともな人はツイッターなんてやらないだな」と思うのです。

時間を有効活用しているから

まともな人は、家族・親戚・友達・仕事仲間など交流している人の人数が多い傾向にあるので、ツイッターに使える時間が少ないことが多いです。また、資格取得のための勉強や健康維持のための運動などにも時間を使うので、ツイッターをやる時間を作るのが難しいです。学校や家庭などでツイッターの炎上騒動について話して盛り上がっている中でも、まともな人は勉強をしていたり、大事な連絡をしていたりするので、その様子を見ていると「まともな人はツイッターなんてやらないのな」と思ってしまうものです。

憎しみ合うのが嫌だから

ツイッターでは、憎しみ合って攻撃し合う人がたくさんいます。無駄な争いごとを嫌うまともな人は、憎しみ合って攻撃し合うのを避けるため、ツイッターをやらないようにします。ツイッターをやっていても、憎しみ合いや争いに巻き込まれないように気をつけています。まともな人は優しいので、悪いことをした人が、過剰にバッシングを受けているのを見るのも嫌がります。

やばい人だとバレたくないから

ツイッターをやらないふりをすることで、まともな人のフリをしているやばい人もいます。本当は悪い人や嫌いな人を叩いたり、晒し上げたりしたいのに、そういう人だと思われるのが嫌でまともな人のフリをしたいだけの人もたくさんいます。そういう人は、自分がまともな人だと見られる範囲で、やばい人と戦う人にいいねをしたり、リツイートして応援したりしてやばい人同士の戦いをひっそりと煽って楽しんでいます。ある意味では、まともな人のフリをしている人が一番たちが悪いかもしれません。

自己表現の場がほかにあるから

自己表現の場が他にある人は、そちらに集中しているので、ツイッターをやる必要がありません。ツイッターに投稿するような面白いアイディアをひらめいたら、自分が作っている記事や漫画や動画などで表現すればよいのです。漫画家でツイッターをやっている人は変な投稿で炎上したり、幻滅されたりしていますが、漫画に集中している人はまともな人として高く評価される傾向にあります。

怪しい人が熱心すぎるから

ツイッターでは、詐欺師が必死に信頼できる人を演じて詐欺商品を売り続けています。多くの被害者を生み出しているので、まともな人は被害者を守ろうと詐欺師を批判する投稿をしますが、詐欺師や詐欺師の信者にバッシングされて嫌な思いをしてやめていきます。お金配りアカウントやお金稼ぎ教えるアカウントや投資教えるアカウントなど、まともな人は見ているだけでうんざりするような怪しいアカウントが非常に多いので、まともな人は見ているだけで嫌な気分になることも多いのです。最近ではツイッターのインプレッション報酬を目当てに、自動翻訳の日本語でリプライをし続ける中東系のアカウントが非常に増えているので、まともな人のツイートになかなかたどり着けないという問題も発生しています。

本当にまともな人はツイッターをやらないのか?

実はまともな人もツイッターをやっています。まともな人はツイッターをやっていても良くも悪くも目立たないだけです。ですから、「ツイッターはまともな人はやらない」というのは誇張表現ですね。以下でより詳しく見ていきましょう。

まともな人は基本的に見るだけ

ツイッターは情報収集の手段や面白い投稿を楽しむための手段として割り切っているので、まともな人は投稿をしない匿名アカウントを使っていることが多いです。ツイッターの表示数といいね数とリツイート数を比較するとわかりますが、大半のまともな人は見るだけでリツイートやいいねすらしないのです。そのため、まともな人はツイッターをやっていても、外から見るとやっていることがわかりません。

まともな人は完全に匿名でやっている

まともな人はツイッターで個人情報を特定されるリスクをよくわかっているので、個人特定につながる情報を一切出さずにツイッターをやっています。面白いキャラになりきって、偽の個人情報を出して、中身がまともな人だと特定されないように運営していることが多いです。少しでも炎上をしそうになったら、すぐにアカウントを消すこともあるのでので、まともな人のツイッターは存在感があまりありません。まともな人は匿名性を完全に守るため、リアルではツイッターをやっていないふりをすることもあります。

まともな人は面白くないから人気がない

まともな人がまともな投稿をするのはあまり面白くないので、単純に人気がなくて気づかれない場合もあります。まともな人は過激な投稿もしないので、まともな人だけでひっそりとツイッター上でのコミュニケーションを楽しんでいます。知り合いから数件のいいねやリプがつくだけで、一般に広く知られる要素がないのです。まともな人の投稿には尖りが足りません。

まともな人を応援している

まともな人はいいことを頑張っている人や万人受けする有名人を応援するためにツイッターをやっていることが多いので、ツイッター上でもただのいい人にしか見えないことが多いです。問題を起こしたり、失敗をしたりした有名人に対しても優しい言葉をかけるので、厳しく叩く人の投稿と比べて目立たないことが多いです。

賢い人がSNSをやらない理由

賢い人がSNSをやらないと言われている理由は、以下の記事で説明しています。賢い人とまともな人は、かなり近い意味を持っています。人によってはほぼ同じ意味で使っていますね。

賢い人がSNSをやらない理由

ツイッターには、まともな人であるほど損をすることがたくさんあります。ですから、賢い人はツイッターなどのSNSを使うリスクを理解して、あえてSNSをやらないという選択肢をとることもあるのです。

まともな人がツイッターをやめる理由

まともな人でツイッターをやったことすらない人は珍しいです。大半のまともな人は一度ツイッターをやっていたのに、何らかの理由でやめる場合が多いです。以下では、まともな人がツイッターをやめる理由を紹介していきます。

話が通じなくてうんざりする

ツイッターでは話が通じない馬鹿な人や偏った思想の持ち主もいます。ですから、まともな人が真面目に投稿をしていても、勘違いや言いがかりで攻撃を受けてしまうことも多々あります。誤解を解くために説明をしたり、言いがかりに対して反論したりしても、全く意味が通じてない場合もあります。その結果、ツイッターでしか見かけないやばい人間にうんざりして、まともな人がツイッターをやめることになります。

忙しくて忘れてしまう

まともな人はツイッターを始めても、もっと大切なことを優先して行うので、大事なことで忙しくなった時期にはツイッターを開くことを忘れてしまう場合も多いです。そして、一度放置すると再開するのは面倒なので、そのままツイッターを辞めることも多いです。まともな学生であれば受験をきっかけにSNSをやめることが多いです。社会人であれば仕事が忙しくなってSNSをやめることが多いですね。

まともな人は他のSNSに移行する

ツイッターはやばい人が多いSNSとして有名になってしまったので、Facebookやインスタグラムやスレッズなど、まともな人の割合がもう少し多いSNSに移行する人も多いです。別のSNSに移行することをツイッターでしっかり報告する人もいれば、何も言わずに辞める人もいます。

まともな人はリスクをとれない

ツイッターで人気になることでSNSアフィリエイトをしたり、自社商品の販売を拡大したりすることは可能です。一方で、勘違いで理不尽なバッシングを受けたり、自社が風評被害に会ったりというリスクもあるので、まともな人はツイッターを使ってビジネスを拡大する際には、ツイッターアカウントが人気が出てきた際にリスクを恐れて撤退してしまうことがあります。

情報の品質と信頼性の低下

ツイッターは情報の拡散が速く、多くのユーザーが意見や情報を投稿します。しかし、その一方で情報の品質と信頼性に問題があることがあります。虚偽や誤った情報、ネットリンチや誹謗中傷など、信頼性の低い情報や攻撃的なコンテンツが拡散されることがあります。まともな人は真実や信頼性の高い情報を求めるため、これらの要素に失望し、ツイッターをやめることを選択する場合があります。

時間とエネルギーの浪費

ツイッターは情報のスクロールや他のユーザーとのやり取りに多くの時間とエネルギーを要します。しかし、その中には無駄な情報や喧嘩腰の議論が多く含まれていることがあります。まともな人は自身の時間やエネルギーを有意義に使いたいと考えるため、ツイッターの使用を減らすか、完全にやめることを選ぶことがあります。

プライバシーの侵害

ツイッターは公開されたプラットフォームであり、ユーザーの情報や投稿は広範囲に公開されます。これにより、まともな人は自身のプライバシーが侵害されることや、他のユーザーからの嫌がらせやストーキングのリスクを感じることがあります。プライバシーを重視する人々は、ツイッターをやめてより安全なオンライン環境を選ぶことがあります。

ツイッターをやらない方がいい理由

まともな人の中には、ツイッターをやらない方がいいという考えている人も多いということがわかりました。実際にまともな人からツイッターをやらないほうがいい理由を聞いてきたので、以下にまとめます。

デマが多いからやらない方がいい

ツイッターは情報の拡散が早く、多くのユーザーが情報や意見を投稿します。しかし、その一方で情報の信頼性に問題があります。虚偽や誤った情報が拡散されることがあり、その影響が広がることがあります。ツイッター上の情報は確認が難しく、フェイクニュースやデマに惑わされる可能性があるため、情報の信頼性を重視するならツイッターをやらない方が良いでしょう。

頭がおかしくなるからやらないほうがいい

ツイッターは多くの情報が次から次へと表示されるため、刺激的で面白いのですが、見終わったあとに刺激的で面白かった情報が少し頭に残るだけなので、まともな人でいたいならやらないほうが良いです。ツイッターばかりをみていると刺激的で面白い短文以外を読むのが苦手になってしまうので、まともな人がじっくり調査して丁寧に価値の高い情報を提供してくれている長文などを読むのが嫌いになっていきます。その結果、頭の中が刺激的で面白いが断片的で価値の低い情報でいっぱいになってしまうので、まともな人は絶対にツイッターをやらないほうがいいです。

ストレスが貯まるからやらないほうがいい

ツイッターはユーザー間の議論や批判が激しくなりやすい環境です。ユーザー同士の対立や攻撃的な発言が多いため、ストレスや精神的な負荷を感じることがあります。ネガティブな環境でのツイートやリプライのやりとりを見続けているとストレスが溜まってしまいますし、まともな人でも攻撃的な性格に少しずつなっていきます。まともな人ほど、ツイッターをやらないようにするとストレスを軽減できるでしょう。

トラブル回避のためにやらないほうがいい

ツイッターは公開されたプラットフォームであり、投稿や情報が広範囲に公開されます。個人のプライバシーが侵害されるリスクが高く、他のユーザーからの直接的な嫌がらせやストーキングの対象になる可能性もあります。プライバシーを重視するなら、ツイッターの利用を控えるか避けることが重要です。本人だけでなく、職場・学校・家族・友人・知人・フォロワーなども攻撃の対象になることがあるので、余計な争いを好まないタイプのまともな人はツイッターをやらないほうがいいです。

中毒性が高いからやらない方がいい

ツイッターは上記のように数多くの問題を抱えたSNSですが、多くの人が夢中になってしまっています。勉強や仕事をして人生をよくするために「ツイッターをやらないほうがいい」というのがわかっていてもやめられない人はたくさんいます。まともな人でもツイッターを始めたことがきっかけでSNSへの投稿やSNSでの喧嘩ばかりをするようになって、学業や仕事に支障が出てしまい廃人になってしまう事例も多数報告されています。ツイッターを続けることに疑問を感じたり、ツイッターを始めるのが怖いという方は、絶対にツイッターをやらないほうがいいです。

ツイッターにはやばいやつしかいない説

「まともな人はツイッターをやらない」と同じ理由で、「Twitterにはやばいやつしかいない」という説も有力です。ここまでで説明したようにツイッターではやばい人ほど目立つので、「やばいひとばかりだな」と思いこんでしまいやすくなっています。この減少に関しては以下で、詳しく紹介していますので、是非参考にしてください。

なぜTwitterにはやばいやつしかいないのか?

ツイッターには人を騙すために嘘ばかりついているヤバい人がたくさんいます。そして、そのツイッターのフォロワーには簡単な嘘に騙されて私生活に支障をきたすほどの被害を受けてしまうヤバい人が大量についています。加害者も被害者もやばいやつすぎるので、まともな人は本当に見ていてげんなりしてしまうのです。