なぜTwitterにはやばいやつしかいないのか?やばい人が多いのか?特徴は?

なぜTwitterにはやばいやつしかいないのか?なぜTWITTERにはやばい人が多いのか?が気になったのでツイッターのヤバい人の特徴を調べて記事にしました。

    なぜTwitterにはやばいやつしかいないのか?

      やばい人は匿名のツイッターが好きだから

      やばい人のツイートが拡散されることが多いから

      やばい人を見抜けない情弱が多いから

      やばい人のツイートばかり表示されるから

      やばい人ばかりが炎上してるから

    Twitterのやばい人の特徴とは?

      やばいやつはネガティブな発言が多い

      やばいやつは政治的な主張が激しい

      やばいやつは無関係な発言が多い

      やばつやつらは攻撃的な投稿が多い

      やばつやつらは言葉遣いが悪い

      やばつやつらはツイート数が多い

      やばつやつらは言葉巧みに人を扇動する

      やばつ人の特徴は嘘つき

なぜTwitterにはやばいやつしかいないのか?

Twitterは、世界中の人々が自由に情報を発信できるプラットフォームであるため、様々な人々が活動しています。そして、目立っているアカウントを見るとやばい人たちも多いです。「なぜTwitterにはやばいやつしかいないのか?」と言いたくなるレベルです。なぜツイッターにはこれほどヤバい人が多いのでしょうか?ヤバい人の特徴を調べた後に、ヤバい人がツイッターに集まる理由を調べました。

やばい人は匿名のツイッターが好きだから

Twitterには、匿名性を利用して他人になりすましたり、プロフィールが嘘だらけのアカウントが多数存在します。これにより、やばい人たちが匿名で異常な意見を発信でき、言葉遣いが荒っぽくなったり、攻撃的な発言をしたりすることがあります。お金持ちや権力者になりすまして、やばい意見を発信し続けている人も多いです。また、お金配り系やママ活やお金稼ぎの方法や簡単ダイエット系など詐欺師がお金をだまし取ったり、犯罪組織が犯罪の片棒を担がせるために作られたやばいアカウントもたくさんあります。匿名でないと言えないとんでもない差別発言や嘘の投稿もたくさんある上に、明らかに犯罪に加担している投稿も多いので、人によっては「Twitterにはやばいやつしかいない」と思ってしまうのも無理がないでしょう。

やばい人のツイートが拡散されることが多いから

Twitterは情報を一般人が拡散することができ、ツイートが拡散されると、たくさんの人がその内容に触れることになります。やばい人たちは、この拡散力を利用して、誤った情報や攻撃的な内容を拡散することがあります。多くの一般人が自分と同じ思想のやばい人の投稿を面白がってリツイートして、やばい人の投稿がどんどん拡散されることが多いのです。やばい人に騙されやすい馬鹿な人が拡散に協力してしまっていることも多いです。

やばい人を見抜けない情弱が多いから

ツイッターを利用する人々の中には、ネットリテラシーの低い人(情弱)も存在します。ネットリテラシーが不足していると、やばい人たちのデマ情報や攻撃的な発言に惑わされてしまい、デマ情報などを拡散してしまうことがあります。リアルではおとなしい人がTWITTERでだけ異常に攻撃的な人格になっていることも多いです。そして、ツイート拡散の被害者に訴えられそうになって、多額の和解金を支払いつつ謝罪の投稿をするなど、やばいことになる人も多いです。

やばい人のツイートばかり表示されるから

ツイッターでは、じっくり読んでしまった人の投稿が優先的にタイムラインに表示されます。偏った意見を持っていたり、攻撃的な発言をしていたりしているのに衝撃を受けて、じっくり読んでしまうと、ツイッターの仕組みによって、あなたにはやばい人の投稿ばかりが表示されるようになってしまいます。その結果、Twitter全体がやばい人ばかりで溢れているように錯覚してしまうことがあります。やばい人をブロックしたり、やばい投稿を通報したりミュートにしたりしても、やばい投稿が優先的に表示されてしまうので、「ツイッターはやばいやつばかりだ」と思ってしまうのは仕方のないことです。

やばい人ばかりが炎上してるから

Twitterには、炎上することで注目されることができる文化があります。やばい人たちは、この炎上文化を利用するためにあえてやばい言動を繰り返し、自分たちの意見を拡散したり、注目を集めたりすることがあります。また、敵対するアカウントや批判してきたアカウントに信者を突撃させる攻撃もよくみかけます。炎上をしている投稿は多くの人のタイムラインに高確率で表示されるので、多くの人が「ツイッターはやばいやつばかりだ」と思ってしまうのですね。実際には、炎上などしそうにもないまともな人が多数派なのですが、少数派のやばい人ばかりが目立ってしまっています。

Twitterのやばい人の特徴とは?

Twitterにいるやばい人には様々な種類があります。ここでは特に数が多いやばい人の特徴をまとめました。この特徴に当てはまる人がいたら、ブロックしたりして投稿が表示されるのを防いだほうがいいです。しかし、やばい人の投稿を一度見てしまうと何度も同じ系統のやばい人の投稿がタイムラインに優先的に表示されてしまうことがあるので注意が必要です。

やばいやつはネガティブな発言が多い

Twitterのやばいやつは、一般的にネガティブな発言が多い傾向にあります。Twitterのやばいやつらは、自分たちが不幸であることや、世界が悪い方向に進んでいることを強調することが好きです。そして、政府や企業に間違った攻撃をして、さらに社会を悪い方向に進めようとします。ネガティブな投稿を続けることで、ネガティブな人が周りにどんどん増えて、よりネガティブな面がエスカレートして本当にやばいやつになってしまうのです。

やばいやつは政治的な主張が激しい

やばいやつらは、しばしば極端な政治的主張をします。やばいやつらは陰謀論を信じ、政府やメディアが大規模な陰謀に関与していると信じています。同じ陰謀を信じる人同士で集まるのでリプ欄は陰謀を暴く投稿者を絶賛するものばかりです。また、同様にやばい人が集まって差別的な発言をすることもよくあります。間違った意見に対しての批判も理解できず、自分自身が攻撃されたと考えて許さないので、異なった意見を持つ人には攻撃を繰り返します。その結果、周りにはヤバい人しかいなくなってしまい、馬鹿みたいな陰謀論にどんどんハマってしまいます。

やばいやつは無関係な発言が多い

やばいやつらは、しばしば話の流れとは無関係な発言をします。彼らは、自分の思考や感情を表明するためにTwitterを使うことが多く、その結果、多くのツイートが議論の話題とは関係のない持論の主張になっています。脈絡なく奇妙な主張を繰り返す人と、それを絶賛する人がたくさんいるので、「Twitterにはやばいやつしかいないのか?」と不安になります。

やばいやつは攻撃的な投稿が多い

やばいやつらは、他の人や組織を攻撃することが好きです。やばいやつらは、自分たちが正しいと信じることを他人に押し付けてばかりで、反対意見から学ぶ気はありません。また、やばいやつらは他人の意見や行動に対して攻撃的なコメントをすることがあります。揚げ足取りが非常にうまく、ちょっとしたミスに対しても異常に偏った批判を延々と続けます。一方で自分が批判された場合には、すぐに「法的処置を考えています。今すぐ投稿を消してください。」と恫喝をすることもあります。やばいやつだと思われて、まともな人が逃げていってるだけなのに、攻撃が効いたと考えて自分の攻撃能力に自信を深めます。

やばいやつは言葉遣いが悪い

やばいやつらは、しばしば不適切な言葉遣いをします。やばいやつらは、罵倒語や差別用語を使用することがあり、一般的なマナーを守らないことがあります。放送禁止用語は当然のように使いますし、仲間内の会話でも使えないような差別用語を平気で使います。普段から言葉遣いが悪いので、過去の投稿を追うと本当にやばい人にしか見えません。実は多少はいい面もある人が多いのですが、言葉遣いが悪いせいでいい面を一切出さずにやばい面ばかりをツイッターに出してしまっている人はリアルでは見かけないレベルのやばい人に見えます。

やばつやつらはツイート数が多い

やばいやつらは、ツイート数が異常に多いです。自分の意見を多くの人に伝えることが好きですが、馬鹿みたいな発言のため、あまり支持を得られないので、何度も何度も同じ投稿を繰り返します。また、やばいやつらはお互いに多数のリプライを送り合うので、馬鹿みたいな内容でも交流が盛んという理由だけで、ツイートが多くの人に表示されがちです。ツイートがあまりに多いため、仕事をしていないことがバレたり、仕事中にツイートをしていることがバレて会社をクビになったりとやばいトラバルも起こしがちです。よく考えずに馬鹿みたいにツイートをするので、一つ一つのツイートの質はやばいくらい低いです。

やばつやつらは言葉巧みに人を扇動する

やばいやつらは、言葉巧みに人を扇動することがあります。彼らはソシオパス的な傾向があり、人を扇動することばかり考えて過ごしているので人を扇動するのが上手です。一部のフォロワーに対してはDMを使って洗脳をしてTWITTER上での戦闘員に仕立て上げることもあります。他人を激怒させて、その人のごく一部のやばい部分を引き出す才能があり、ツイッターのやばい投稿比率をどんどん増やしていきます。普通の主婦や会社員がやばい人に煽られたせいで、名誉毀損などで訴えられて負けるような投稿をしてしまった事件が日本でも何度も起きています。

やばい人の特徴は嘘つき

ツイッターのヤバい人の特徴として有名なのが嘘つきであることです。ツイッターで人気になるためだけに、嘘の面白いエピソードを投稿している人がバズって目立っています。嘘を嘘と見抜けない人からすると面白いのですが、嘘を嘘と見抜ける人からするとしょうもない嘘話を真に受けて面白がっている人が多い状態は「ツイッターにはやばいやつしかいない」としか思えません。また、新聞記者や政治家などが特定の人々を攻撃させるために嘘を書き続けているという深刻な問題もあります。こちらの問題は重大であるため、ツイッターには「コミュニティノート」という機能をつけて、重大なデマによる誤解を防ぐための情報を追加できるようにしました。この機能によって、重大なデマの防止を目指しているので、今後ツイッターでのデマ情報の拡散が減る可能性があります。

ツイッターはまともな人はやらない説

上記のようにツイッターにはやばいやつが多いので、「ツイッターはまともな人はやらない」という説も話題になっています。「ツイッターはまともな人はやらない」というのはどういうことなのか、果たしてそれは本当なのかを以下の記事で解説しているので、参考にしてください。

Twitterまともな人はやらない説

「まともな人はやらない」とまで言われてしまうほどに、ヤバい人を惹きつけてしまうTwitterの特徴をよく理解しておきましょう。ヤバい人の特徴とツイッターの特徴が奇跡的にマッチしてしまって、ツイッターはヤバい人にとって大人気のサービスになってしまったという説もあるほどです。