スポンサーリンク

交通事故死者数と人口10万人当り事故死者数は減り続けるでしょう。

スポンサーリンク

2010年の一日あたりの交通事故死者数は13人で、95年から一貫して運転免許保有者数が増加しているにもかかわらず、交通事故死者数と人口10万人当り事故死者数は減少し続けている。マスコミでは、「京都府で4月に起きた交通死亡事故は13件、死者数は22人にのぼり、1か月間の死者数としては過去10年間で最多になったことが京都府警のまとめでわかった。」というように危険を煽る報道を中心に行なっているが、飲酒運転の(厳罰化による)減少、シートベルト着用率の向上、最高速度超過違反の減少、運転マナーの全体的な向上、対歩行者衝突安全の向上、救急医療技術の進化、車両の安全性の向上(アクティブセーフティ/パッシブセーフティの両面)などによって、交通事故死者数と人口10万人当り事故死者数は減り続けるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました